日本には多くのコンサルタントや各企業の周りには多くの中小設計事務所があり、業務量が集中した場合にはこれらの設計事務所に設計業務を依頼しています。

 

一方タイでは、大手のコンサルタントが数社ありますが、日本で言う設計事務所のような存在は皆無に近く、自社が直接雇用する設計要員、あるいは数名の技術者のグループや個人の副業に限られています。

 

当社では、プラント建設プロジェクトを通じて、これら設計業務を自社内で行ってまいりましたが、類似した業界内での人的リソースの融通、共有を行うべく、コンサルタント業務の遂行や、設計のアウトソーシングに対応しております。

 

1. 設計

• 機器設計(リアクター、熱交換器、タンク、サイロ、ホッパー等)

• 配管設計

• 電気設計

• 計装設計

• 土木建築設計(機器基礎、鉄骨架構、建築等)

 

 

これらの設計業務を依頼するには、必要な条件を取りまとめ、何を設計するかを明確に示す必要がありますが、多くの場合、様々な書類、あるいは言語もタイ語、日本語、英語が混じっておりこれらを整理し、かみ砕いて説明するのも容易には行えません。そのため社内マンパワー節減のためのアウトソーシングもあまり効果が出ないという場合もあります。

 

当社ではプロジェクトの見積もりから実施までの経験から、これらの情報の整理分類から始め、設計に必要な情報の抽出から始めます。具体的にはITBの読み込みから見積もりのための設計、BOQ計算、工事会社への見積もり引き合い、また実施中のプロジェクトにおいては契約書、仕様書を理解し、それに応じた設計、必要に応じて関連部門との設計上の調整も行います。

 

 

 

 

 

 

 2. プロジェクト管理支援

プロジェクトはプロジェクトマネジャーの方針に従って自社で遂行するものと考えますが、プロジェクト実施に伴い、様々な管理のための業務が発生します。当社ではプロジェクトの管理業務支援として以下のような業務を行います。

 

– 工程管理。
– 品質管理(検査業務)。
– 書類管理。

 

また、コンサルタント業務として既に多くの実績を持っている下記の業務も行っております。

 

– 法律の調査および分析、官庁との調整。
– 官庁申請業務。
– タイ語、英語、日本語の翻訳業務。

 

コロナの影響で、日本からの支援が受けにくい状況にあり、それを補う目的でもぜひともご検討いただきますようお願い申し上げます。